台風10号2020鹿児島は非常に強い?風速最大いくつでブロックは飛ぶ?

台風

大型で非常に強い台風10号は、沖縄県の大東島で最大瞬間風速50メートルを記録し、奄美大島も午前4時ごろから風が強くなってきています。

勢力を維持したまま6日~7日頃に九州に接近、または上陸すると報道されていますね。

 

今までに経験したことが無い記録的な暴風や高波、高潮、大雨になる恐れがあるとして、特に影響のある地域の方から注目されています。

衛星写真を見ると台風の目がはっきりしていて、かなり発達している状況が確認出来ます。

 

この台風10号は鹿児島に上陸する頃には非常に強い勢力なのか、風速最大いくつでブロックは飛ぶのか調べてみました。

 

今回は「台風10号2020鹿児島は非常に強い?風速最大いくつでブロックは飛ぶ?」と題してお届けします。

 

台風10号に関する情報が更新されたので、追記します。

大型で非常に強い台風10号は、勢力をやや弱めました。

  • 中心気圧925ヘクトパスカル
  • 中心付近の最大風速50m
  • 最大瞬間風速70m

このことから薩摩、大隅、種子島・屋久島地方では特別警報の可能性は小さくなりました。

 

台風は7日にかけて北上し、鹿児島へかなり接近するため、引き続き「大雨、暴風、高波、高潮」に最大級の警戒して下さい。

勢力をやや弱めたといっても、近年の強力台風と同等の強さですので十分ご注意ください!

 

スポンサードリンク

台風10号2020鹿児島は非常に強い勢力?

6日から鹿児島も暴風域に入ると予想されていますが、非常に強い勢力のままやってくるのでしょうか?

 

調べてみると、6日お昼には勢力が変わることなく奄美大島付近に到達します。

7日夜中0時ごろには、鹿児島の西の海上に到達する見込みですが、ここでもほぼ勢力落とすことがなく非常に強い勢力との予想。

その後7日の午前中、東シナ海を北上し長崎の西の海上を通過する予報です。

 

ここで気になるのは、非常に強い勢力で西の海上を通過する時に、鹿児島は台風の危険半円に入ってしまう事です。

台風の進行方向の右側は、風が強いと言われており注意が必要。

沖縄の大東島では、停電している世帯があり朝にも猛烈な風が吹くと言われていますね。

 

すでに避難されている方もいらっしゃいますが、大きな被害が無く過ぎ去ってくれるのを祈るばかりです。

 

スポンサードリンク

台風10号は鹿児島で風速最大いくつ?ブロックは飛ぶ?

沖縄の大東島では風速50mのとても強い風が吹いていましたが、鹿児島の周辺では最大風速はいくつなのでしょうか?

 

予報では、風速は最大で75~85メートルもの猛烈に強い風が吹くおそれがあると言われています。

それほどの風速ならブロックも飛ぶくらいの強さですね。

 

6日お昼には勢力が変わることなく到達すると言われている鹿児島県奄美大島の予報

中心気圧 920hPa
中心付近の最大風速 50m/s
最大瞬間風速 70m/s

 

7日夜中0時に勢力をほぼ変えることなく到達する鹿児島県枕崎市の予報

中心気圧 925hPa
中心付近の最大風速 50m/s
最大瞬間風速 70m/s

 

非常に強い勢力を保ちながら鹿児島に到達する台風10号の中心付近の最大風速は50m/sで、時速に換算すると180km

時速180㎞と言われてもパッと凄さが浮かんできませんが、空き缶がこの速度で飛んでくると想像すると怖くなりますね。

これほどの風が吹けば車が横転したり、電柱が倒壊するおそれがあり停電の可能性もあります。

さらに、たいていの木造家屋が倒れ樹木は根こそぎになるレベルであり、ブロックが飛ぶというよりも大変な状況になりそうですね。

 

過去最強クラスの勢力を維持したまま北上を続ける台風10号により、これまでに経験のないような甚大な災害が発生するおそれもあります。

土砂崩れ警戒地域や海の近くにお住いの方は、高潮・高波にも注意して下さい。

 

鹿児島県では「特別警報発表」の可能性が高まっており、最大級の警戒が必要身の安全を最優先に考えて行動するように呼びかけられています。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました