伊勢志摩ジビエBambiのメニューや料金を調査!人生の楽園

人生の楽園

王侯貴族が領土内で狩猟した動物をシェフが調理し、領土内で育てたぶどうで作ったワインでいただく伝統料理“ジビエ料理”を提供する「伊勢志摩ジビエBambi」

 

伊勢志摩ジビエBambiのメニューには、フレンチジビエと和ジビエの2種類があります。

ジビエにもフレンチや和食のものがあとなると、伊勢志摩ジビエBambiのメニューや料金が気になりませんか?

「ジビエ料理に人生を賭け、伊勢志摩のジビエを沢山の人に知ってもらいたい」と、ジビエ料理専門店を開いた村瀬滋さんと妻の弘美さんのジビエ料理は「肉にほとんどクセがない」と、お客様からも大好評なんですよ。

 

今回は「伊勢志摩ジビエBambiのメニューや料金を調査!」と題してご紹介します。

 

スポンサードリンク

伊勢志摩ジビエBambiのフレンチジビエメニューと料金

引用:OTONAMIE

フレンチでいただくジビエ料理のメニューと料金を調べてみました。

メニューを一通り見るだけで、どんな料理が出てくるんだろうとワクワクしませんか?

どれもお酒と一緒に楽しみたくなるような、フレンチジビエのメニューが揃っているので料金も気になる所ですね。

中でも、低温調理された鹿のステーキは、65℃で1時間の真空低温調理が施されていて、生に近いレアで頂きます。

香ばしい鹿肉は、噛む力がいらないのではと思えるほどの柔らかい食感になっていて、リピートしたくなる美味しいメニューですよ。

 

フレンチジビエのメニューと料金

イノシシのコンソメスープ、猪のリエット1000円

猪のハム盛り合わせ2000円

鹿のステーキ(低温調理)2800円

バンビ(子鹿)のミニステーキ2500円

鹿レバーのテリーヌ1400円

イノシシのパテドカンパーニュ1500円

イノシシのベーコンステーキ2000円

鹿のタン(舌)とひよこ豆の煮込み1400円

鹿のハツ(心臓)のロースト 1500円

イノシシのポトフ1500円

イノシシのピエドポーのテリーヌ1500円

イノシシのルポワのロースト(希少部位)1800円

 

スポンサードリンク

伊勢志摩ジビエBambiの和ジビエメニューと料金

引用:OTONAMIE

日本人なら和ジビエのメニューと料金も気になりますよね。

イノシシや鹿などの日頃出会う機会があまりない食材を、こだわりのメニューに変えた村瀬さんご夫妻のメニューは、どれもとにかく美味しそうで料金も気になる所です。

ステーキも気になりますが、寒い季節にぴったりの“シシしゃぶ”が気になりますよね。

1日1組限定と言われると、余計に気になってしまいます。

シシしゃぶに使われるイノシシのお肉は、脂身が白く真っ赤な赤身と合わさると見た目がとても綺麗ですよね。

 

和ジビエのメニューと料金

イノシシのシュウマイ1500円

仔ジシのリブステーキ2800円

イノシシの三枚バラの照り焼き2500円

鹿ローストのたたき2200円

鹿ロースのユッケ2200円

イノシシのアドボ1500円

牛バラ肉のマヨネーズ焼き1200円

しし肉と大根のピリ辛煮800円

シシおでん盛り合わせ1000円

鹿のつくね煮700円

シシしゃぶコース 7,480円(2人前以上から注文受付、1日1組限定)

 

スポンサードリンク

伊勢志摩ジビエBambiのおすすめメニューは?

引用:OTONAMIE

寒くなってきた今の季節に人気なのが、「イノシシのしゃぶしゃぶ鍋(シシしゃぶ)」1人前=7,480円(2人前以上から注文受付、1日1組限定)

 

伊勢志摩にはドングリをたくさん食べたイノシシたち。

その中でも、シイの実を食べるイノシシの脂身は真っ白で臭みがなくとても美味しく、真っ赤な赤身と真っ白な脂身がとても美しいそうです。

「シシしゃぶ」は、村瀬さんが「バンビ農園」で育てた水菜とシイタケに、薄くスライスした紅白のイノシシ肉が入っていて、しゃぶしゃぶにして提供します。

「バンビ農園」のゴマの実を振りかけたゴマダレとポン酢に、だしなど何も加えない水を沸騰させただけの湯にイノシシ肉をくぐらせ、冬のジビエで温まって下さいね。

時には、50頭に1頭くらいの割合で、赤身の部分に天然のサシが入るイノシシがいるそうですよ。

もちろん天然のサシが入ったイノシシはとっても美味しいので、ご来店の時に、このお肉に出会えたらラッキーですね。

 

また、もう一つのおすすめが、この季節に外せないメニュー「おでん」です。

タマゴ、ダイコン、コンニャク、ゴボテンに加えて子シシの骨付きスネ肉を楽しめるジビエ専門店だからこそ楽しめるこだわりの料理も体が温まりますよ。

 

豊富なアルコールメニューを楽しむ

引用:OTONAMIE

アルコールメニューも豊富で、ビアサーバーで注ぐギネスビールや常時4種類を揃えるグラスワイン、スコットランド最古のインディペンデント・ボトラー「ケイデンヘッド」のブローラ13年などこだわりのシングルモルトウイスキーが並んでいます。

 

中でも気になるのは、ウイスキーが好きな人にはたまらない「ケイデンヘッド」

1842年、スコットランド第3の都市アバディーンにワインとウイスキーのエージェントとして創業したスコットランド最古のインディペンデント・ボトラー(独立瓶詰め業者)の「ケイデンヘッド」。

チルフィルター(冷却ろ過)とカラーリングを決して行わず、自然な状態でボトリングすることをポリシーとしています。

スコットランド最古のインディペンデント・ボトラー「ケイデンヘッド」は、今年で創業してから177年になるんですね。

 

まとめ

引用:OTONAMIE

「ジビエ」とは、狩猟によって、食材として捕獲された野生の鳥獣の事で、食べた時にクセがあるというイメージですが「伊勢志摩ジビエBambi」のオーナーである村瀬さんご夫妻は、食材へのこだわりを持って美味しいジビエ料理を提供されています。

牛や豚よりクセが無くて、とても食べやすい上品な味わいは、女性のお客様にも人気なんですよ。

フレンチジビエと和ジビエどちらがお好みでしょうか?

この冬にぜひ訪れたい、伊勢志摩ジビエBambiのメニューや料金をチェックして温かいジビエ料理を食べてみませんか?

 

ジビエと和食とワインのお店「伊勢志摩ジビエBambi」
三重県伊勢市古市町227
tel 0596-64-8000

 

月~土・祝 17:30~24:00
定休日 日曜日

定休日である日曜日を除く、17:30~24:00までが「伊勢志摩ジビエBambi」の営業時間です。

ご来店の際には“要予約”となっていますので、お店へお問い合わせ下さいね。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました